競馬中心のブログです。一部の重賞をデータ作成していますので参考にしてください。


by pigbone
カレンダー

2008年 06月 05日 ( 1 )

気になる血統をちょっと。

ロベルト系は東京のマイル重賞では勝ちきれないデータがあるようです。
今回出走する馬に4頭いますね。
そのうちの1頭は香港からの有力馬、グッドババ。

それ以外の、ロベルト系について。


ウオッカ 牝4 父タニノギムレット(その父ブライアンズタイム)
 昨年のダービー馬、ジャパンカップ4着馬。
 今年はドバイDFの疲れもありながら?も、東京マイルGIであるヴィクトリアMは2着と健闘。
 東京コースと相性のいいこの牝馬は馬体が戻って調子さえ良ければ好勝負必死。

オーシャンエイプス 牡4 父マヤノトップガン(その父ブライアンズタイム)
 父マヤノトップガンは中~長距離で活躍した馬。
 その仔オーシャンエイプスは2~3歳時期待された馬だったが、クラシック戦線では思ったほど成績を上げらなかったりと、思わぬ苦戦を強いられ、GIは今回が初挑戦。
 昨秋休養明け緒戦5着の後3連勝と波に乗りOP入り。
 今年の緒戦は7着と負けたが前走の2戦目、オーストラリアTはサクラメガワンダーのハナ差で退けて1着。
 叩き3戦目となる今回は、その未完の大器を開花させられるか? 

ドラゴンウェルズ 牡5 父Dynaformer(その父ロベルト) 母父ND系
 ダービー卿CT(GⅢ)2着、スワンS(GⅡ)3着の成績を残すものの、 重賞勝ちはない。
 近走安定成績は残していないが、1600mの成績は8(3,2,0,3)と決して悪くない。
 先行馬少ないだけに、この馬の前残りの可能性もある?

その他でちょっと。
安田記念において、サンデー系は出走数の割にはあまり馬券に絡んでないイメージがあります。
その中で1頭。


キストゥヘヴン 牝5 父アドマイヤベガ(SS) 母父ND系
 アドマイヤベガはダービーを制した馬で、その仔はアルナスライン(東京コース2レース中1着と2着)、ストーミーカフェ、アドマイヤフジなどがおり、母父ノーザン系と言うこともあり東京コースの1600mは苦にしない血統だと思います。
 この馬に関してはと言うと、1昨年桜花賞勝った後成績が芳しくなく、昨年も4着がやっと。
 ところが今年に入ってから4戦中3レースで馬券に絡み、5着以下がありません。
 特に前走は牡馬混合のレースで2着と結果を残し、ヴィクトリアMを除外された悔しさを晴らしました。
 最近は好走馬のイメージはあるが、その勢いのまま安田記念もいけるか?



↓データが役に立ったらクリックお願いします。
 「馬ナビ」もチェック!




[PR]
by pigbone | 2008-06-05 01:04 | 競馬