競馬中心のブログです。一部の重賞をデータ作成していますので参考にしてください。


by pigbone
カレンダー

2008年 06月 03日 ( 2 )

ダービー騎手が観客を「一喝」 「うるせーよ、おい!」に賛否両論
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20080602194512/JCast_21110.html

 08年の日本ダービーを制したのは1番人気の「ディープスカイ」だった。騎乗した四位洋文騎手(35)は、07年の「ウォッカ」に続くダービー2連覇で、史上2人目の偉業を果たした。
 ところが、ヒーローインタビューで四位騎手が発した「ある一言」をめぐって、ネット上で賛否両論が入り乱れているのだ。
(略)
 ヒーローインタビューで、半ば「キレ」てしまうことは異例なことから、コメントでは
「だめだよ、大人の態度取らないと」
「雰囲気が重くなった」
と、四位騎手を非難するものが多い一方、
「野次飛ばす方が悪い」
「自分が外れたからって騎手にあたるのは間違い」
と、逆に四位騎手を擁護するものも相当数ある。さらには、
「注意するのはいいが言い方が悪い」
「批判することでもない」
と、「中立派」に近い意見もあり、発言の賛否については意見が入り乱れている状況だ。


 ギャグで言ったのか、勝って気持ちよくインタビュー受けてるんだから、って理由なのか、どっちともわかりませんが。

 某巨大掲示板より引用させていただきます。



299 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2008/06/03(火) 02:14:40 ID:K/F9yMPY0
   「求められるもうひとつの意識改革」 吉田照哉

 昨年の中央競馬の売り上げは辛うじて3兆円の大台はキープしたものの、6年連続の
 減収となりました。その要因について各方面から取り沙汰されるなかで
 これも遠因のひとつになっているのではないかと、気になっていることがあります。
 組織や構造にかかわる大局的な話ではありませんが、あえて書かせていただくことにします。
 それは騎手、とりわけ中央所属の騎手の言動についてです。
 レース後のインタビューで人を食ったようなコメントをしたり、ファンを招いたイベントなどでは
 芸能人と見紛うような態度をとる騎手がいて、しばしば唖然とさせられます。
 どの業界でも師弟関係の意識が希薄になり、ひと昔前とは比べ物にならないほど若者が
 奔放に生きられるようになりました。それはけっして悪いことではありませんし
 そういう時代には寡黙やストイックというイメージが敬遠されがちなことも承知しています。
 しかし、度を越えたパフォーマンスとファンサービス、ごく一部とはいえ、それをはき違えている
 騎手がいることも残念ながら事実のようです。競馬場は、生産者や馬主
 そしてクラブの会員など、すべての関係者の技量や度量が試される集大成の場です。
 だからこそ、ファンはレースを真剣に見守り、自らの夢を重ね、お金を託すのです。
 そしてその前提には、最終的なカギを握る騎手に対する信頼があることはいうまでもありません。
 国際化のなかで、日本の騎手も全体的にレベルアップしているのは明らかです。しかし
 浮ついた言動はその好印象を相殺してしまうばかりか”こんな騎手の馬券を買っていたのか”
 とファンの参加意欲を減退させてしまう危惧さえ抱かせます。

300 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2008/06/03(火) 02:14:55 ID:K/F9yMPY0

 故野平祐二氏は騎手時代からマスメディアに積極的に登場、氏が紹介する欧米の
 競馬事情などは当時としては実に新鮮で、競馬文化の旗頭として大きな役割を担いました。
 また、岡部幸雄騎手の騎乗論はつねに冷静で説得力があり、ギャンブルとは違った側面から
 日の競馬をPRするのに一役買ってくれています。必ずしも騎手が論客になる必要はありませんが
 貢献の方法は断じてうわべだけのパフォーマンスではないということです。
 私生活で髪を何色に染めようと、派手な車に乗ろうと、口を挟むつもりはありません。
 週ごとの重圧を背負い、まさに死と隣合わせの日常のなかで、そのくらいの経済的余裕や
 遊びがあってもいいとさえ思います。しかし、いったんファンの前に出れば半ば公人であり
 自覚に基づいた行動に徹するのが最低限の礼儀でしょう。今回の話は個人攻撃ではなく
 大半の騎手にとってはただの老婆心と受け止められてしまうかもしれませんが
 いまの恵まれた境遇を根底で支えているものとは何か、ぜひとも一人一人の騎手が
 胸に手をあてていまいちど考えてもらいたいものです。

         (社台グループ発行月刊誌『Thoroughbred』平成16年2月号)

武豊「最近、騎手のマナーが悪すぎる」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1212383638/



 吉田照哉氏の言葉を借りると、もうちょっと考えて発言しようよ、ってことでしょうかね。





[PR]
by pigbone | 2008-06-03 05:28 | 競馬
安田記念、過去10年の前走のレースです。

2007年
1着 03/31 ドバイデューティーF(G1)1777m 3着
2着 04/14 読売マイラーズC(G2)1600m    1着
3着 05/13 ヴィクトリアマイル(G1)1600m  5着

2006年
1着 05/07 香港チャンピオンズマイル(G1)1600m 1着
2着 03/25 ドバイデューティーF(G1)1777m   15着
3着 05/07 香港チャンピオンズマイル(G1)1600m 3着

2005年
1着 05/15 京王杯スプリングC(G2)1400m     1着
2着 05/08 都大路S(OP)1600m          5着
3着 05/14 香港チャンピオンズマイル(G1)1600m 2着

2004年
1着 04/04 産経大阪杯(G2)2000m     6着
2着 05/16 京王杯スプリングC(G2)1400m 2着
3着 04/04 産経大阪杯(G2)2000m     4着

2003年
1着 05/01 かきつばた記念ダ1400m   4着
2着 11/23 京阪杯(G3)1800m      3着
3着 04/19 読売マイラーズC(G2)1600m 1着

2002年 
1着 03/24 高松宮記念(G1)1200m     2着
2着 05/12 京王杯スプリングC(G2)1400m 4着
3着 04/13 読売マイラーズC(G2)1600m  1着

2001年
1着 05/13 京王杯スプリングC(G2)1400m 3着
2着 05/06 オアシスS(OP)ダ1600m    2着
3着 04/14 読売マイラーズC(G2)1600m  2着

2000年
1着 05/07 チェアマンズプライズ(香港G1)1200m 2着
2着 05/14 京王杯スプリングC(G2)1400m     6着
3着 05/14 京王杯スプリングC(G2)1400m    11着

1999年
1着 05/14 京王杯スプリングC(G2)1400m 2着
2着 05/14 京王杯スプリングC(G2)1400m 1着
3着 05/23 高松宮記念(G1)1200m     2着

1998年
1着 05/16 京王杯スプリングC(G2)1400m     1着
2着 (データなし 香港馬のため海外でレース)
3着 05/16 京王杯スプリングC(G2)1400m     7着


⑨前走、海外レース、京王杯SC、読売マイラーズCが好走している。
→香港チャンピオンズマイルはグッドババ(1)、アルマダ(2)、ブリッシュラック(3)
→京王杯SCはスーパーホーネット(1)、キストゥヘヴン(2)、スズカフェニックス(3)、アイルラヴァゲイン(4)、ドラゴンウェルズ(10)
→読売マイラーズCはエイシンドーバー(3)、ハイアーゲーム(4)

ヴィクトリアMは3年前からのレースですので、過去2年のデータしかありません。
過去2年で1頭、3着に来てますし、ローテ的には京王杯と1日しか変わりませんので、注意が必要だと思います。

なんとなくですが、⑩叩き2戦目がいいような気もするけど。
ローテを見ると、ウオッカがアグネスデジタルに見えてきたw



↓データが役に立ったらクリックお願いします。
 「馬ナビ」もチェック!

          
[PR]
by pigbone | 2008-06-03 04:57 | 競馬