競馬中心のブログです。一部の重賞をデータ作成していますので参考にしてください。


by pigbone
カレンダー

2007年 09月 30日 ( 1 )

あまりこの記事を書きたくなかったのですが。
ちょっとショッキングすぎるので。

時津風部屋の序ノ口力士、斉藤俊さん(当時17歳)がけいこ中に急死した問題、いや事件で、もう、過失致死傷と言うか、殺人事件に発展する可能性が出てきました。
 
「後はわしが面倒見る」 時津風親方、稽古後に斉藤さんと二人きりに…その後「あー」という悲鳴聞こえる-痛いニュース(ノ∀`) を見てください。

そのブログから引用です。


368 名前: パート(大阪府)[] 投稿日:2007/09/30(日) 08:17:43
『火葬することに遺族は抗議した』について詳細説明

親方は遺族に無断で、名古屋で火葬しようと企てる。(死亡診断書があれば法的に可能)

葬儀屋の職員が、遺族親戚が立会わない火葬は極めて異例と不審に思った。

親方、葬儀屋に「火葬はまだですか」「一刻も早く火葬してください」と催促。
葬儀屋、遺体に刻まれた無数の傷を発見。

葬儀屋の職員は、新潟の両親に電話して、『本当に火葬しても構わないのですか?』と尋ねる。

すぐに父親は電話で親方に抗議。親方に火葬の中止を求める。

親方「もう既に日取りは決まってある」「今さら勝手な事を言うな」と父親の要望を却下。

父親、葬儀屋に電話。葬儀屋、名古屋の火葬を直ちに取りやめ、遺体の搬送を行う。

遺体は両親の新潟に搬送され、両親と涙の対面をした。
(遺体の付き添いは葬儀屋の職員だけ、相撲部屋の関係者は一人も来なかった)



この部屋だけ特別で有ることを祈りつつ、今回の事件に関わった人たちには刑事裁判できつい処分を受けて欲しいと思う僕でした。

朝青龍、早く帰って来い。

10/2(火)、解雇処分されたようです。
聴取内容も甘い感じで、口車合わせたら終わり・・・・

相撲協会、何なんでしょうね。






[PR]
by pigbone | 2007-09-30 22:49 | ニュース記事のリンク