競馬中心のブログです。一部の重賞をデータ作成していますので参考にしてください。


by pigbone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スプリンターズS、結果。

17年目の上村騎手がGI初制覇 スプリンターズS
 第42回スプリンターズステークス(5日・中山11R1200メートル芝16頭、GI)秋の短距離王決定戦は、1番人気のスリープレスナイト(上村洋行騎乗)が1分8秒0でGI初制覇し、1着賞金9500万円を獲得した。上村騎手はデビュー17年目でGI初勝利、橋口弘次郎調教師はこのレース初優勝。好位を追走したスリープレスナイトは、直線で鋭い末脚を発揮して5連勝(重賞3連勝)でタイトルを手にした。1馬身1/4差の2着は2番人気のキンシャサノキセキ、3着には6番人気のビービーガルダンが入った。 Excite エキサイト : スポーツニュース

10/05(日)
中山 11R スプリンターズS(G1)
3歳上 ○国際○指(定量) 芝1200m 16頭発走:15:40

1着 7 14 スリープレスナイト  牝4 55.0 上村洋行 橋口弘次
2着 8 15 キンシャサノキセキ 牡5 57.0 岩田康誠 堀宣行
3着 7 13 ビービーガルダン  牡4 57.0 安藤勝己 領家政蔵
4着 6 11 スズカフェニックス 牡6 57.0 横山典弘 橋田満
5着 1 1 アポロドルチェ     牡3 55.0 勝浦正樹 堀井雅広

 1着は僕が1強だと思っていたスリープレスナイト。
 スプリンターでは現最強馬ですね。
 インタビューの上村騎手の涙には、僕も泣きそうになりました。

JRA騎手・上村洋行公式ブログ「うえちんのひとりごと」
http://blog.livedoor.jp/uechin_hitorigoto/

 上村 洋行(うえむら ひろゆき、1973年10月23日 - )は日本中央競馬会(JRA)の騎手である。滋賀県出身。

 1992年にデビュー。同期には後藤浩輝らがいる。
 デビューした当時から騎乗技術の高さには定評があり同年は京王杯オータムハンデキャップ(GIII)をトシグリーンで制するなど、新人ながら40勝を挙げた。2年目には53勝を挙げ、若手ながら相当な実力を持った騎手として認知されるようになる。1994年には東京優駿でデビュー3年目ながら2番人気のナムラコクオーに騎乗している(6着)。
 その後もコンスタントに勝ちを積み重ねていたが、1990年代の後半ごろから以前ほどの勢いが落ちる。実はこの時、眼の病気(飛蚊症)を患っていたにもかかわらず治療をしないまま騎乗を続けていたという。それでも毎年10勝以上と2桁の勝ち鞍は挙げていたが、2004年に治療をするため騎乗を自粛。しばらくの間、手術をするため休養に入る。手術は3回行われ、ようやく視力が回復するに至った。
 復帰してからは全盛期の勢いを取り戻した。2005年にはここ数年10勝台が多かったのが嘘のように42勝と完全に若い頃の勢いを取り戻しており、神戸新聞杯でストーミーカフェに騎乗した四位洋文に替わってシックスセンスに騎乗したりエリザベス女王杯を連覇中だったアドマイヤグルーヴにも騎乗している。


 この後は1400mなどを使わずに1200m中心、香港・ドバイの芝・ダートを予定とのこと。
 頑張ってください。

 2,3着は、中山では連対率100%巧者。
 オッズ見て頭から切りました。

 キンシャサノキセキ、またしても2着。
 後1歩なんですよね。
 だれだ、ジョリーダンスのほうが良いといってたのは!w
 馬体、もうちょっと絞ってくれないかなぁ。

 1,2着はサンデーRと吉田家。
 社台だ(^^;; 

 1,3着はお勧めの枠のうちの7枠。

 4着の典さんはさすがと言うか・・・
 あの調教ではどうなることかと思ったんですけど。
 非常にうまいですね。

 5着はアポロドルチェ。
 こっちを◎にすれば格好よかった(^^;;

 雨がもうちょっと早く降ってくれれば、スリープレスナイト-アポロドルチェの目が合ったのか。

 と少し妄想(^^;;



↓クリックお願いします。
ランキングジャパン    「馬ナビ」もチェック!

↓こっちのクリックが多いとやる気が出ます。

[PR]
by pigbone | 2008-10-05 18:32 | 競馬