競馬中心のブログです。一部の重賞をデータ作成していますので参考にしてください。


by pigbone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

函館スプリントS プチデータ

いよいよサマーシリーズ開催です。
結構楽しみ。
昨年前半は馬券取りに苦しんだ中、函館SSでワイドをやっと頂ました。


函館スプリントS、過去5年のデータです。

別定戦ですが斤量にもばらつきがあるので、斤量も掲載します。

馬齢・枠番・馬番・人気、騎手、馬名、スタート後の位置、斤量です。


2007年 16頭・良
1着 ヒ6 1 2 3 角田晃一 [西]アグネスラズベリ  7 54
2着 3 2 4 6 木幡初広 [東]サープラスシンガー 1 52
3着 4 8 16 4 四位洋文 [東]ブラックバースピン 5 56

2006年 13頭・良
1着 ヒ5 7 12 13 秋山真一 [東]ビーナスライン   11 54
2着 ヒ6 4 6 1 池添謙一 [西]シーイズトウショウ  7 56
2着 7 7 11 10 藤岡佑介 [西]ブルーショットガン 10 56

2005年 16頭・良
1着 ヒ5 1 2 1 池添謙一 [西]シーイズトウショウ 2 55
2着 セ6 6 12 9 鹿戸雄一 [東]ボールドブライアン 9 56
3着 3 5 9 7 藤田伸二 [西]ディープサマー   1 53

2004年 15頭・良
1着 ヒ4 7 14 2 池添謙一 [西]シーイズトウショウ  4 54
2着 7 5 10 8 横山典弘 [西]ゴールデンロドリゴ 12 56
3着 6 2 3 5 芹沢純一 [西]カルストンライトオ  1 56

2003年 11頭・良
1着 ヒ5 6 7 1 安藤勝己 [西]ビリーヴ     2 56
2着 4 7 9 2 横山典弘 [西]アグネスソニック 8 56
3着 3 2 2 10 菊沢隆徳 [東]アタゴタイショウ 4 53

函館スプリントS、過去5年の前走のレースと、父の血統です。

2007年
1着 06/10 CBC賞(G3)1200m    3着 エアジハード(Nasrullah)
2着 01/27 クロッカスS(OP)1400m 2着 Songandaprayer(MP)
3着 06/10 CBC賞(G3)1200m    1着 Put It Back(In Reality)

2006年
1着 05/21 フリーウェイS(1600万下)1400m 11着 フジキセキ(SS-Halo)
2着 06/11 CBC賞(G3)1200m         1着 サクラバクシンオー(Nasrullah)
3着 03/26 高松宮記念(G1)1200m      11着 サクラバクシンオー(Nasrullah)

2005年
1着 05/21 テレビ愛知OP(OP)1200m    1着 サクラバクシンオー(Nasrullah)
2着 06/19 バーデンバーデンC(OP)1200m  6着 ブライアンズタイム(Roberto)
3着 05/08 NHKマイルC(G1)1600m     13着 タイキシャトル (Halo)

2004年
1着 03/28 高松宮記念(G1)1200m      5着 サクラバクシンオー(Nasrullah)
2着 04/04 ダービー卿チャレンジ(G3)1600m 13着 ブライアンズタイム(Roberto)
3着 06/20 バーデンバーデンC(OP)1200m   2着 ウォーニング (In Reality)

2003年
1着 06/08 安田記念(G1)1600m        12着 SS(Halo)
2着 03/30 高松宮記念(G1)1200m       6着 Unbridled's Song(MP)
3着 11/27 兵庫ジュニアグランプ(G3)ダ1400m 5着 Silver Deputy (ND)

・西高東低
・騎手は名前に「一」のつく騎手。
→池添(トウショウカレッジ)、角田(ミリオンウェーブ)、北村友(リキアイタイカン)
・牝馬は1着が続いてる。
→ウエスタンビーナス、ルルパンブルー
・前走CBC賞、同年に高松宮記念出走経験あり。
→CBC賞はスピニングノアール(2)、ウエスタンビーナス(4)、タニノマティーニ(8)、トウショウカレッジ(9)、リキアイタイカン(10)
→高松宮出走経験はキンシャサノキセキ(2)、プレミアムボックス(10)、タマモホットプレイ(17)
・血統はサクラユタカオー(Nasrullah)の系列か、サンデー系。
→サクラユタカオー系はタイセイアトム
→サンデー系はキングストレイル、キンシャサノキセキ、タマモホットプレイ、プレミアムボックス、ミリオンウェーブ

CBC賞が開催月を変更したため、近年のみ連対が多いですが、ローテ的にはいいのではないかと思います。

シーイズトウショウが過去5年で3年連対なので、多少割り引いて考えたほうがいいのでしょうけど、牝馬ははずせませんね。

今回の出走馬中、サンデー系はフジキセキ産駒が多いようです。



↓データが役になったらクリックお願いします。
ランキングジャパン    「馬ナビ」もチェック!




[PR]
by pigbone | 2008-07-01 20:27 | 競馬