競馬中心のブログです。一部の重賞をデータ作成していますので参考にしてください。


by pigbone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

有馬記念 データリンクと個人的注目馬。

有馬記念まとめたはいいけど、ばらばらなので、リンク作りました。


2007年中~長距離の傾向と有馬記念のサイン

http://bulkbone.exblog.jp/7073561/

有馬記念 プチデータ
http://bulkbone.exblog.jp/7074049/
http://bulkbone.exblog.jp/7074509/

年度代表馬争い
http://bulkbone.exblog.jp/7077074/
http://bulkbone.exblog.jp/7081699/

騎手・厩舎リーディング争い
http://bulkbone.exblog.jp/7080164/


今のところの、僕の注目馬です。

メイショウサムソン
 今年馬インフルエンザ騒動でかなわなかった凱旋門賞への来年挑戦のためには負けられない。
 過去馬インフルエンザが発生した昭和46年の有馬記念優勝馬は「マイルの女王」トウメイという牝馬(6歳)だったが、そのときの主戦騎手がメイショウサムソンを管理している高橋成忠さんと言うのは何か運命めいたものを感じる。(ただし、有馬記念では高橋成忠さんは騎乗しなかった。)

デルタブルース
 ステイヤーで且つ使い減りしない馬で、現在角居厩舎の中では今が一番よさそう。
 ジャパンCでは5着、アドマイヤムーンがいないとなれば、ジャパンC組では4強のうちの1頭、しかもその4頭のうち3頭は角居厩舎。
 多頭数出しの人気薄で現在好調なら穴狙いで狙うのも。 
 今年流行したKY(空気読めないの略)、「そんなのかんけ~ね~」の小島よしお、今年ブレイク柳原可奈子のイニシャルから、川田将雅騎手のサイン。

ロックドゥカンブ
 南半球産で現3歳馬と半年の年齢差がありながら菊花賞3着と好走。
 スタミナ有り、斤量も魅力的。中山・道悪も経験済。まだまだ成長過程に有る。
 菊花賞では騎手が「下手こいた~」といってたなかで、名手M.キネーンに乗り替りとなれば。

マツリダゴッホ
 屈指の中山巧者。
 中山7(4,1,1,1)で、1回の着外が競争中止。
 その時騎乗していた蛯名Jがそのレースを悔やんでいる中、騎乗が戻った蛯名Jで、この馬相性抜群の中山GIの大舞台を迎えることに。
 天皇賞のあと入念に調整しているが、火曜日現在雨と言う予想、道悪と2500mに若干の不安が残る。


厩舎・関係者には色々思惑が有るでしょうけど、強い馬が勝つと信じて、今のところ、こんな感じです。

 ◎メイショウサムソン
 ○マツリダゴッホ
 △ロックドゥカンブ
 △デルタブルース
 △ダイワメジャー
 △ドリームパスポート
 △ウオッカ
 △ポップロック

お、多すぎるしw
▲も決め切れないしww
調教やら関係者コメント聞いてだなぁ・・・・



↓データが役に立ったらクリックお願いします。
ウェブランキング くつろぐランキング 

            
[PR]
by pigbone | 2007-12-18 01:25 | 競馬