競馬中心のブログです。一部の重賞をデータ作成していますので参考にしてください。


by pigbone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

エリザベス女王杯 ウオッカは強いの?

え~。
これはデータをまとめたものであり、斤量差や展開、成長分など、重要なファクターを無視しています(^^;;

ウオッカの実力について、果たしていかがなものか、本当に3歳牝馬は強いのか、データとして取ってみたくなりました。

物差しとしてアサクサキングス、アルナスライン、インティライミあたりがいいかなと思ってレースを取り上げてみました。



ダービー 東京2400m左 芝良
 1着 ウオッカ(四位)     2:24.5 上がり33.0
 2着 アサクサキングス(福永) 2:25.0

宝塚記念 阪神2200m右 芝稍
 3着 ポップロック(武豊)   2:12.8
 5着 ファストタテヤマ(武幸) 2:13.0
 7着 インティライミ(佐藤)  2:13.3
 8着 ウオッカ(四位)     2:14.0
 15着 アサクサキングス(松岡) 2:17.3

京都大賞典 京都2400m右 芝良
 1着 インティライミ(佐藤)  2:24.8 上がり33.4
 2着 ポップロック(四位)   2:24.8 上がり33.6
 3着 アルナスライン(和田)  2:25.1 上がり33.4
 6着 ファストタテヤマ(武幸) 2:25.2 上がり33.5

菊花賞 京都3000m右 芝良
 1着 アサクサキングス(四位) 3:05.1
 2着 アルナスライン(和田)  3:05.1

これだけですと、ウオッカ>アサクサキングス≧アルナスラインになります。
宝塚記念ではインティライミとウオッカの差が4馬身ほど有りました。
京都大賞典ではインティライミとアルナスラインの差が2馬身。
ダービーではウオッカとアサクサキングスの差が3馬身であることから、現在ウオッカがアサクサキングスとアルナスラインほど成長していれば、現在のインティライミ程の強さではないかと考えます。

春にアルナスラインとベッラレイアは対戦しており、またココナツパンチも引き合いに出そうかと思いましたが、相手関係を見て今回は見送りました。




↓データが役に立ったらクリックお願いします。
             
[PR]
by pigbone | 2007-11-05 01:06